仙台のパーソナルトレーニングジムで、結果を出すダイエット!

安いパーソナルトレーニングの質は悪いの?

現在パーソナルトレーニングは大変なブームになりつつありますが、一重にパーソナルトレーニングと言ってもその値段設定には大きな違いが存在しています。

そうした違いは各パーソナルトレーニングジム間だけではなく、同じジムにおいてもコースごとに料金体系が異なっているという場合も珍しくはありません。

そしてこうした差異に対し「価格によってトレーニングの質に違いがあるのではないか?」という疑問も持たれる方も少なくはないかも知れません。

そこでここでは、料金の安いパーソナルトレーニングジムは「安かろう悪かろう」というように本当に質が悪いのか?ということについて考えていきたいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

高いジムの方が設備が充実している傾向はある

まず大まかな結論としては、高い料金のパーソナルトレーニングジムはそれだけ設備などが充実している傾向があるのは確かです。

当たり前の話ではありますが、利用者から多くの料金をもらえれば、それだけ設備投資にお金を回すことが可能となるからです。

しかしその反面、その設備が果たして利用者のメリットにつながっているかと言えばそうとばかりも言えない側面もあります。

たとえば高級パーソナルジムの場合、内装も高級感ある仕上がりになっているところが多いのですが、一方で「内装などどうでも良い」と考えているユーザーも少なくはないかも知れません。

そういったユーザーからしてみれば内装に設備投資を回すジムはそれだけ割高であると感じられるかもしれません。

「安い=質が悪い」とも限らない

しかしその一方で、安いパーソナルトレーニングジムだからといって質が悪いかというとそうではありません。

敢えて経営規模を広げない、あるいは広告費をかけないなど弛まざる経営努力を行うことによって料金を安くしているということも考えられます。

特に地域密着型で営業しているジムに関してはそれほど広告費をかけなくても地元の住民が利用者となってくれるため料金を安くしやすいといった傾向もあるようです。

また逆に数多くのパーソナルトレーニングジムが軒を連ねて営業しているような地域の場合、そこでの激しい競争に勝ち抜くために料金を安くする戦略が採られる場合もあります。

その他にもパーソナルトレーニングの資格を持った個人がフリーで開いたジムに関してもそれほど設備投資をする必要がないため料金がやすくなるといったこともあります。

同じジムでコースごとに料金が異なる場合

ジムごとの料金の違いとは別に同じジムの中でもトレーニングのコースなどに応じて料金が変わってくるといった場合もあります。

この場合、全体的な傾向としては料金の高いコースのほうがより専門的な指導を受けることができるのは確かです。

ただし例えば「部分痩せコース」など特別な目的を持った人向けのコースである場合には、そういった目的を持っていない人がわざわざ高いお金を支払う必要性は無いということができるでしょう。

料金は重要だがそれだけでジムを選ばないほうが良い

パーソナルトレーニングジムを選ぶに当たり、料金はたしかに重要な要素です。

ただしこれまでにも見てきた通り、必ずしも料金の高いジムが質も高く、逆に安いジムは質も低いとは言えない側面も多分に存在します。

パーソナルジムを選ぶ際には料金だけではなく、そのジムが提供しているトレーニングメニューの特色やしっかりとした資格や実績を持ったトレーナーが在籍しているかなどを総合的に判断するようにしたほうが良いでしょう。

またパーソナルジムに入会をする際にはネットだけの情報で判断するのではなく、必ず事前にジムに見学に行って現地の雰囲気を確認するようにしてください。