仙台のパーソナルトレーニングジムで、結果を出すダイエット!

パーソナルトレーニングでカラダの衰えを改善しよう!

一般的に、パーソナルトレーニングというと、どちらかと言えば若い人向けのものであり、肉体的にきついといったイメージを持っておられる方は多いかも知れません。

実際現在の日本におけるパーソナルトレーニングブームは主に美容を目的とした若い女性層によって火がついたという傾向があるのは確かです。

しかしその一方で、元々パーソナルトレーニングはさまざまなスポーツ競技のアスリートや加齢や病気や怪我などに対するリハビリ、つまりどちらかと言えば医療行為に近いものであったということも確かです。

そのためパーソナルトレーニングはさまざまな要因によって身体の機能が衰えてしまったという人にこそおすすめできるという側面もあります。

今回はパーソナルトレーニングによってもたらされるメリットのうち、特に衰えてしまった身体機能の改善という観点でさまざまな事柄を紹介していきたいと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

パーソナルトレーニングがおすすめされるのはどんな人か?

当たり前の話ではありますが、一般的に人体では使われなくなった筋肉は衰えていき、さらに加齢によってもその衰えは加速していきます。

そうした衰えは身体機能の低下として表面化し、例えば階段の上り下りの際に息が切れる、あるいは普段何もしなくても何となく身体が重いという状態を引き起こします。

これに対してパーソナルトレーニングは身体機能全般を高めることが可能であり、腕や脚などの筋肉を増強したり腰痛、肩こりなどを改善したりすることで日常生活の身体的パフォーマンスを向上させます。

特に近年ではデスクワークなどのホワイトカラー労働が一般化することにより、身体機能の衰えを感じる人は非常に多くなりましたが、実際にはそうであるからこそ体力の有無や健康の維持などがビジネス上のパフォーマンスにおいても大きな差となって表れるようになってきています。

そのためパーソナルトレーニングの受講者には会社経営者も非常に多いとされ、そういった人にも大変おすすめすることができると言えます。

またもちろんそれ以外にも、加齢や病気、怪我などにより身体機能が低下をしてしまった人にもパーソナルトレーニングは大変おすすめされます。

現在病院などの医療機関ではリハビリテーションを治療の一環として取り入れることが一般化し、そのノウハウの蓄積、技術水準の向上なども目覚ましいものがあるのは事実ですが、そういった医療機関でのリハビリは比較的短期間で終わってしまうということが多く、その人にとって本当に十分であるとは言えないケースも少なくありません。

そのような困難を抱えた人にとってパーソナルトレーニングはリハビリの延長手段となり、パーソナルトレーナーの指導のもと、以前通りの日常生活への復帰を促進することが可能となります。

さらにスポーツ選手において、怪我などによって競技から離脱しなければならないという場合にも、パーソナルトレーニングによってより早期の競技復帰が可能となります。

パーソナルトレーニングではどのように身体機能を改善するか?

一般的にパーソナルトレーニングというと、イメージされるのは有酸素運動、無酸素運動などの「運動」ではないでしょうか。

しかし実際にはパーソナルトレーニングではこういった運動(トレーニング)だけではなく、生活リズムの見直しや食生活の改善、さらには自律神経やホルモンバランスの調整などさまざまなメソッドが取り入れられています。

こうしたメソッドをその人の個々のケースに合わせて組み合わせることにより、運動(トレーニング)に関しても無理なく継続し尚且つ最大限の効果を得ることが可能となるのです。

パーソナルトレーナーは運動だけではなく栄養学や生理学、メンタルコーチングなどさまざまな知識を身に着けている者が多く、そういった知識を活かしてそれぞれのケースに合った指導を行うことが可能となります。

もしトレーニング期間中に何かしらの身体的な不調を感じたという場合には、しっかりとそのことをパーソナルトレーナーに報告をするようにしましょう。その不調の原因次第ではトレーニングメニューを見直す必要があったり、場合によっては専門的な医療機関による治療が必要となったりする場合もあります。

一般的にパーソナルトレーニングではその人に課された課題を一回ごとにクリアしていくことがベストとされますが、当然のことながらその人の体調やコンディションはさまざまな要因によって変化していくため、そのメニューをこなしていくことが難しい場合もあります。

そういった場合には迷わずトレーナーに相談をし、その都度適切な範囲でメニューを調整してもらう必要もあります。これは短期的には遠回りとなる道のりに見えますが、さまざまな要因により衰えた身体機能を改善するという場合には多少遠回りでもその人のペースに合ったトレーニングを継続していくということが非常に重要となるのです。